回廊のある家

 

富山市内にある正方形の中庭型の住まい。 外周部に設けられた開口は換気のための最小限の数。それを補うために、中庭に面して設けられた大きな窓。 これは住まい手のプライバシーを守り、そして健康を守るために考えられたかたちでもあります。このかたちを実現するために大工さんと試行錯誤しながら木組みや納まりを考え、住まい手と共に造りあげました。完成した住まいのなかは、住まい手によ って仕上げられた美しい漆喰の壁が、室内の空気を整え、心地よい風の流れる空間となっています。