松和町の長屋

 

気密性がなく断熱材が無い時代の住まいの改修。都会からUターンして、子供の頃に過ごした住まい手は、冬の寒さに耐えかね、私たちの事務所へ相談に来られました。調査のため訪れた住まいは、室内でもコートが必要なほど寒く、8畳の居間は冬の間は襖を閉じないと過ごせないことが分かりました。そのため、日中は薄暗く電気を点けなくては過ごせません。そこで住まい手と相談し、中庭に面した隣接する縁側を冬の間も利用できるように断熱改修を施すことにしました。 天井と壁に新たに断熱材を設置し、気密性の低い建具の内側に内窓を設けています。また2つの部屋を一体的に利用できるように家具配置を変更することで夏は広く涼しい、冬は明るく暖かい居間に生まれ変わっています。