高屋敷の家

 

木造建築病理学に基づき、これまでの 住まいを断熱耐震改修しました。
住まいの性能を数値化して改善項目を 明確にすること。
住まい手にも改善点 が分かりやすく合理的な手法です。
またライフスタイルの変化に合わせ、空間の仕切りかたを見直しました。
こうして明るく開放的に生まれ変わった住まいの中は、
暖かな日差しと心地良い風が吹き抜けています。