月岡の家

 

この住まいは軽度の化学物質過敏症に悩む奥さまとお子さんが快適に過ごせる住まいとして計画しました。また離れて暮らしていたお父さまとの同居というのももう一つのテーマでした。そもそも私たちのつくる住まいは自然素材に囲まれているので特別な配慮は不要なように思えますが、それでも使用する木の種類によって問題となる場合もあるので、仕様材料の選定にあたっては予めパッチテストを行っていただきました 。さらにこの住まいでは通常の住まい以上に換気に配慮し、居間の天井高さを工夫し、風通しが一層良くなるように考えてあります。 同居されるお父様の空間は水廻りや居間などの日常生活空間と隣接して設け、さらに温度差が生じにくくなるような空間設定としています。この住まいは既存の住まいの建て替えでもあり、通常の住まいよりも収納量を多く必要としたので、結果、建物ボリュームの殆どを余すことなく住空間と収納空間に割り当てています。