湯崎野の家

 

築40年の戸建住宅のリフォームです。老朽化と家族構成と住まい方の変化に対応できなくなったため、屋並を現状のままとした住まいのリフォームを依頼されました。断熱性能の強化と構造補強を兼ねたリフォームとなったため、新築工事と比べると手間暇のかかる工事となりましたが、完成した住まいは現代の生活にあった広がりのある空間となっています。キッチン、浴室などの水廻りのほか、リビング、寝室といった日常を過ごすための空間を改修し、屋根裏空間を収納エリアとすることで改修前よりもゆったりとしたスペースが生まれ、快適なセカンドライフを過ごすことができる住まいとなりました。