湯崎野の家

築70年を超えた住まいを建て替えました。遡ること13年、当時40年ほど経過していた部分を私たちの手で耐震断熱改修しました。その間、ご家族の構成などに変化があり、仏間を中心とした残りの部分にも手を入れようとしたところ、基礎などの状態が思いのほか良くなかったため、思い切って建て替えるということになりました。英断でした。
少し前に更新したばかりの機器を廃棄するのは勿体ないし、住み継いできた部分の記憶をどうするのかなど問題や新しい住まいの空間構成をどうするかなど住まい手と丁寧に解決しながら導き出したのは元の住まいに近いプランで、そこに欄間などを移すという案でした。元の住まいに近いといっても同じで良いということではなく、全く異なるのに何かしら面影があって、初めてだけど懐かしいという作りです。そこで普段使いの空間と来客時に使用する空間の雰囲気を変え、普段使いの空間は明るくかしこまらないような空間、来客時に使用する空間は新しさを感じないエイジングした空間となるよう計画しました。
廊下には先代の残した書籍を収納するための本棚を設け、高齢者が棚板を手摺代わりに利用できるように配慮しました。また普段はあまり利用しないような2階はサンルームとして利用したり、暑い季節に排熱するために利用します。他にも住まい手のために設えた工夫が随所にみられる空間を長く住み継いでいただけることを願っています。