木窓の家

 

お住まいの近くにあった「木製サッシの気になる住宅」が売りに出されたのを機に購入され、水廻りのプラン変更と内装のリニューアルをする依頼を受けました。
およそ30年前に建てられた建物は、見た感じは良い状態で、施工に入ると、それなりの問題は出てきましたが、臨機応変に粘り強く解決しいていきました。床板を富山市産の杉の厚板に張り替え、壁は塩ビ製の壁紙だったものを環境にやさしい紙クロスに張り替えています。その上から住まい手のご要望でセルフビルドの塗装を行なうことになり、たくさんの色の中から、お手持ちの家具と合わせたり、家族の好きな色を選んだりと、楽しく、そしてカラフルな仕上がりとなりました。こうして生まれ変わった住まいは、自然素材、セルフビルドの塗装や左官と、住まい手の希望が詰まった空間となっています。