000 現場から  ~塔のある家~


160703 竣工

地鎮祭からおよそ半年、無事工事の完了を迎えることになりました。
梅雨前線の影響もあって時折雨模様でしたが、内覧会では多くの方にご覧頂くことが出来ました。
ご来場頂きました皆さま、ありがとうございます。
また、引き続き住まい手さんの検査を行い、お化粧直しをしたのちに引き渡しとなります。
職人の皆さん、ここまでありがとうございました。
まあ最後まで宜しくお願いします。

住まい手さん、お待たせしました。
蒸し暑い日が続きますが、引っ越し作業の方、頑張って下さい。


160625 左官

住まい手さんと漆喰を塗りました。
もちろん初めての経験ですが最後まで
器用に塗られていました。
今回はいつもより塗る壁も少し多く
大変だったかと思いますが、
その分達成感も増していることでしょう。
今日はお疲れさまでした。
疲れた筋肉を労わって下さいね。

丁度、電気屋さんがTVのアンテナチェック中。
無事受信できることも確認できました。

160609 内装

内部の石膏ボード張り作業が終わり、
室内の表情ががらっと変わりました。
窓の外には田植えの終わった田圃の緑。
目に優しい景色が飛び込んできます。
季節は夏に向かい徐々に蒸し暑くなってきましたが
十分な断熱に水田による蒸散作用とあいまって
室内は快適そのもの。
現場で作業する職人さんたちのお済み付きです。
さて現場はラストスパート。
仕上げ工事で忙しくなりそうです。

160528 造作

現場は終盤に差し掛かり、
内部の造作工事が進んでいます。
写真に写っているのは本棚となる板材。
160205の写真で「T」と印をつけた板です。
節も少なく綺麗だけど他より赤い板でした。
この板を2枚合わせにした後に、
縦板をつけるための仕掛けをつけたところ。
大工さんの丁寧な仕事が光ります。
組み上がるのがとても楽しみですね。

160508 外壁塗装(セルフビルド)

連休を利用して外壁木部の塗装をして頂きました。
大工さんの施工を追いかける形での作業となり、
連休中ごろと終盤に分けて2回の作業でした。
1回目は強い風の吹く中で作業が大変。
そして2回目は日差しが強く、また大変。
それでも頑張って頂いたおかげで無事完了。
写真のように良い感じで仕上がりました。
今後のメンテナンスとして覚えるためにも
何度も確認されながら作業されていました。
そう。住まいは建ててからが肝心ですが、
この心構えなら安心ですね。。。お疲れ様でした。

160426 内装工事

内装工事が進む現場は落書きだらけ。
いたるところに墨出し線が描かれ、
メモ程度の添え書きを見つけることができます。
複数の職人さんが出入りするこの時期。
お互いの情報交換のサインでもあります。
時にはスケッチ等の場合もあり多種多様です。
現場通いの中で職人さんと打ち合わせを重ね
お互いのアイデアを引き出し完成に近づく。。。
楽しい時間を過ごさせて頂いているこの頃です。

160418 断熱材

工事が進んでいます。
室内は壁面の断熱工事も終わり、
羊毛断熱材がモコモコして暖かそうです。
天井面は週末に吹付て一気に仕上げます。
外壁用の杉板も搬入され、大工さんは大忙し。
そして追われるように電気屋さんも大忙し。
みなさん、ありがとうございます。

160331 構造用パネル

上棟から1週間たちました。
週の初めには屋根仕舞いも終わり、
金属屋根の施工待ちの状況です。
外壁の構造用面材もほぼ張り終わり、
ボリューム感もつかみやすくなってきました。
本日最大のイベント木製サッシの搬入も終わり、
明日には設置をする予定です。
クレーンで屋根越に搬入する姿は圧巻でした。
天気も良く、現場へ通うのが楽しい春先です。

160324 上棟

大安吉日、春先特有の寒い朝。
雨予報もなんのその。
途中通り雨程度の小雨に降られましたが、
無事、上棟を迎えることが出来ました。
寒い中、終日お付き合い頂きました住まい手さん、
おめでとうございます。
また昼食などのお気遣い、ありがとうございます。
ほとんどが平屋の住まいですが、
2階からの眺めはとても良かったです。
明日も引き続き屋根仕舞い作業を頑張ります。

160318 土台敷き

土台敷き完了の連絡を受け、さっそく現地を確認。
レベル調整は1か所だけだったとのことで、
凄い精度で施工されています。
こうして写真を見ると単純な並びに見えますが
高基礎もあったりで意外と複雑な納まりです。
上棟は来週中ごろの予定ですが、
天気が少しだけ心配です。
どうか良い天気に恵まれますように。

160229 配筋検査

基礎の配筋検査を行いました。
例年であれば空を眺めながらの工程ですが、
今年に限っては、ほぼ予定通りに工程が進みます。
それでいて温度補正もかかって
より強度の高いコンクリートが打てるのですから
本当にありがたい限り。
型枠工事のあと、コンクリートの打設です。
週末に向かってジェットコースターのように
気温は上がるようなので養生には十分ですね。
これまたありがたい。。。

160218 構造材選木

昨日の雪から一転、快晴の空の下で

構造材の選木を行いました。
まずは同じ大きさの梁を並べ
(これが大きなものになるほど重い!)
四周を眺め、どこへ使うかを決めていきます。
その前に含水率の確認も怠りなく。
今回の重労働は工務店の製材所チームに
応援をお願いし、あとは設計者チームで
くるくる回しながら番付け作業を進めます。
天気に恵まれたおかげで15時には作業完了。
いよいよ加工場へ搬入です。

160205 板材選木今日は床板と造作材の選木作業を行いました。
通常の場合、上棟後の作業ですが
大工さんと調整した結果、早めの手配となりました。
板材の選木は構造材と違いどこの仕上げにするか
悩みながらの作業。
それだけに慎重にかつ正確に進めていきます。
今回の作業はおよそ2時間で230枚。
終了する頃には少しの筋肉疲労と心地よい汗。
10℃を超える気温のおかげで、
気持ちよく作業出来ました。

160201 地盤改良

いよいよ本格的に工事着工となりました。
まずは基礎工事の前に地盤を改良します。
事前の調査で軟弱であると判明したので
今回も柱状改良を行うことにしました。
少し雪の舞う寒い一日でしたが、
現場作業の方は手を真っ赤にして
頑張って下さいました。
ありがとうございます。
今日明日の2日間で完了の予定です。

160115 地鎮祭

大安吉日。
例年ならば雪が積もっている季節ですが、
今年は暖冬のため雪もなく。
それでも気温4℃の風は十分に冷たく感じます。
式典が終わるまで雨も降らずの奇跡的な天気の中、
厳かに地鎮祭がとり行われました。
住まい手さんから思わずこぼれた
「ようやくですね。」の言葉。
予定より遅れてのスタートに申し訳なさを感じつつ
いつも以上に両肩に掛かる荷の重さを痛感。
竣工を笑顔で迎えることが出来るよう頑張ります。

151113 地盤調査

この住まいは既存住宅への増築です。
申請作業が厄介で長引きそうなので、
その間を利用して地盤の調査を進めています。
周辺の住まいでは地盤補強をしているそうです。
この土地もきっと・・・ということで調査を依頼。
案の定、地盤補強が必用という結果が出ました。
何かと話題の地盤補強。
しっかりと監理させて頂きます。

 

※「塔のある家」といっても背の高いスリムなタワーではありません。
コンセプトとして周辺を展望する場所があるといニュアンスで名付けました。