000 現場から  ~松和町の長屋~

戦前に建てられた住まいで、暖かい冬を過ごすための改修工事。
いざ着工と、畳を上げ床下を確認したら、なんと白アリが大量発生してるではありませんか。
土間コンクリートが結露で信じられないほど湿っています。
そこで急きょ床下換気のための設備を設けることにしました。

110930 竣工
縁側には新しい天井と断熱材を設置しました。
また中庭に面した窓には内窓を設け、断熱性能をアップ。
工事前と比べて、明るい空間になりました。
大まかな家具レイアウトは設計段階で済ませていますので、
既に本棚などは移動済み。
ほかの家具の配置は、おいおい考えていかれるそうです。
これも新築とは違った、改修ならではの住まいづくりの楽しみ方ですね。