901 左官仕上

現在使用中の左官仕上げの一例をサンプルとして掲載します。

e0025025_13534289.jpg色モルタル掻き落とし
主に壁の左官仕上げですが、私たちは土間の仕上げとして使用しています。

e0025025_13535953.jpg同じく拡大して側面より見たところです。
立体感がよく分かります。

e0025025_13541458.jpgシルタッチ麻入り塗り放し仕上げ
フジワラ化学の製品で基材は珪藻土です。

e0025025_13542963.jpg
同じく拡大してみたところです。
近寄ってみると多少凹凸があることが確認できますが、総じて大人しい上品な雰囲気です。

e0025025_13544722.jpg
タナクリーム1日仕上げ
住まい手のセルフビルド用の製品で、漆喰に色粉とわらを混入しています。

e0025025_13545587.jpg
同じく出隅部分を拡大したところです。
セルフビルドだけあって、住まい手の癖や性格がよく表れます。


e0025025_1355732.jpg土佐漆喰わら入り
こちらもセルフビルドの事例です。


e0025025_13552422.jpg同じく、拡大したところです。
タナクリームと比べ流動性が低いため、施工は難しくなります。

901 左官仕上” に対して1件のコメントがあります。

  1. aiarchi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ああ、塗り壁のこの質感を眺めているだけでも
    心落ち着きますね。
    出隅を塗りまわしていく感じなど、もう鳥肌モノです!!

  2. miz-arch より:

    SECRET: 0
    PASS:
    aiarchiさん、こんにちは。
    塗り壁、つまり「土」が心に送るメッセージは凄いですよね。
    皆さん、職人さんと比べると(当たり前ですが)決して上手ではないです。
    でも個性豊かで、何より自分の住まいを思う気持ちが伝わってきます。
    毎回の「面倒くさい」部類の作業ではありますが、
    予期せぬ仕上がりが楽しくて、当分止められません。

この投稿はコメントできません。