お米の値段

昨日はラウベ小矢部にて、今年の活動を決める企画会議を行いました。昨年は建物の完成後からオープニングまでの期間を慌ただしく過ごし、その後も宿泊される方の受け入れ態勢を軌道にのせることなどに四苦八苦していましたので、今年は本来の目的のひとつでもある里山体験として、農作業体験を軌道に乗せることを目標に掲げました。そこで、地元の農家の方々と話し合い、どのようなことができるのか意見を交わしました。

ただ、お米を作ってみたいという思いだけでは、農家の方の負担になります。その半年にわたる作業に中に、どのように体験者を入れ込んでいくのかが重要です。しかし、全ての作業をまかせると、とても大変で、頻繁にラウベに来て頂かなくてはなりません。そして、体験者はきっと「農業は思ったより大変だ」という『つらい思い出』にしかならず、ますます離れていってしまうのではないか・・・と皆さん危惧しておられました。きっとラウベを利用される方も、そこまでは希望されているのではないのかもしれません。今は利用者と農家の方が、お互いにプラスになるよう、取り組み方を思案中です。
今回の話し合いの中で、とても驚いたことがありました。それは一反(約991.74㎡)で取れるお米は、10俵 (600kg)で、収入としては13万円程度にしかならないということ。衝撃でした。半年間、昼夜問わず手をかけてこの値段とは。。。
お米を作っている私の父に、頭が下がる思いでした。
ありがとう、お父さん。
そして、お米を作ってみたい方、募集予定です。(K)

お米の値段” に対して1件のコメントがあります。

  1. しちじょう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    寒いですねぇ~。お元気ですか?拙宅では毎日お米が5合消費されています。大変です。

  2. miz-arch より:

    SECRET: 0
    PASS:
    しちじょうさん、こんにちは。
    子供たちも大きくなると、食べますからね。外食すると今までは2人前
    +αでよかったのに、最近は3人分のオーダーに。
    うれしい反面、悲しいお財布に。大人も子供も大きくなっていますよ。
    雪の季節。除雪という運動に、助かっております。

この投稿はコメントできません。