いとな 第2号 が出来ました


1号
の発刊からずいぶん時間が経ってしまいましたね。当初、第2号は冬に出版する予定でしたが、気が付けばもうすぐ夏。冬の出版としていただけに、内容は冬の暮らしが中心となっています。残念ながら季節感と合わなくなってしまいましたが、「今年の冬の彩りある暮らしに向けて準備を!」ということで、内容そのままで、この時期に出版することになりました。
(都合のよい話ですが、前向きに捉える私達)
ちなみに第2号の表紙は、和紙の原材料である「楮(こうぞ)」が水に晒されている写真です。

この週末、立山町に拠点を移された和紙作家、川原さんの畑に、楮とトロロアオイを植えるお手伝いに行ってきました。荒れていた山の斜面をきれいに整備し、和紙職人を通り越し、すっかり開拓者の風貌の川原さん。そして里山再生に協力をということで地元をはじめ関東や関西から集まった70名程の参加者。なんだか賑やかな一日になりました。
いとなも楽しみですし、楮やトロロアオイの成長も楽しみです。第2号は、川原さん手漉きの「びるだん和紙」で作った、素敵な栞が付くそうです。
お近くの店頭か、webでお求めください。(K)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です