上棟しました!

少し構造が複雑で構造模型を3個も作ることになった愛宕町の家
富山市へ提出した確認申請も困難を極め、さらに追い討ちをかけたのは低炭素建築物の申請でした。
担当者が図面を把握するのも大変でしたし、熱量の計算も拾い漏れがあったり解釈の違いなどで、何度も足を運びました。
今回は、構造材をプレカットするため、オペレーターの方にも何回も打合せをお願いしました。
大工さんが時間をかけて手加工するぐらいの時間はかけてしまったかもしれません。
(担当の皆さんが口をそろえて、「もっと簡単にならなかったの?」といわれました。とほほです)
でも、この形が住まい手さんにはしっくりするのです。

目出度く入力も終わり、大丈夫と分かっていても、上棟するまではドキドキするのです。
何軒建てても、この緊張は変わりません。
けれども、もう大丈夫。今日はぐっすり眠れそうです。
でも、明日からもまた大工さんの質問で眠れなくなるだろうなぁ。。。(K)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です