130 一年点検

この週末、昨年竣工した2軒のお宅の一年点検に伺いました。どちらのお宅もきれいにお住まいで、思わず嬉しくなるほどでした。
私たちは設計した住まいが竣工してから一年後に「一年点検」を行い、住まいの様子や住まい方を見せて頂くようにしています。皆さん、住まいの引き渡し時に気付かなかったことや、住んでから気付くことなど何かしらの気になることが出てきます。他にも建具の調整や床ワックスや外部塗装の状況など、経年変化をみながら気がかりなことを確認して行きます。その他にも棚が追加で欲しいとか、フックをつけたいがどこが良いかなどの相談を受けることもしばしばです。
この日も、一方の住まいではハンガーパイプの高さ変更や、壁を飾るためのフックの位置の相談を受けましたし、もう一方の住まいでは、外部舗装の相談や風の強い日のロールスクリーンの固定方法などの相談を受けました。

当初の予定通りに住まわれている方、想定外の使い方をされている方など、
皆さま良い意味で期待を裏切って頂いています。
それくらい住んでみなければ分からない事が多いということでしょう。
この写真の住まいもトップライトの下にハンモックを吊るされ、
隣にある本棚から読みたい物を手に取る。。。
とても快適な時間が過ごせそうですが、これも住まわれてからの計画。
皆さん、思い思いに好きな場所を見つけ過ごされているようです。
住まい手の皆さまには、住まいをより快適にするための目的で行われる一年点検ですが、
私たちにとっては、新たな空間の使い方事例に出会える貴重な時間でもあります。
加えて、自分たちが設計した住まいに快適に過ごされている様子を伺えるのが
一番嬉しいのはいうまでもなく。(A)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です