富山県建築賞を頂きました

多角形の家」(project 2010-11)が2013年度の富山県建築賞に選ばれました。

事務所を開設した翌年に「白い家黒い家」で入賞(現在の優秀賞)、そしてその翌年に「下大久保の家」で入選したとき以来の受賞です。

 

敷地に立って感じたこと、住まい手の思いをもとに図面を作り、
作り手と共に試行錯誤しながら1つのかたちを造り上げました。
このプロセスを評価して頂けたことがとても嬉しく(審査講評参照)、
苦労をかけた現場監督、職人の皆さん、木材を提供して下さった山の皆さんなど、
携わって頂いた多くの方々に少しだけ恩返しできたようで感慨深く思います。
また何より住まい始めてから1年を経過してからの現地審査に、
見事な暮らし方で応えて頂いた住まい手に心より感謝いたします。
これから長い月日に渡り、この住まいがどの様に歳を重ねて行くのか楽しみですね。
関係者の皆さま、この度はおめでとうございました。
そして、今後とも宜しくお願いいたします。(A)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です