かなくれ食堂に参加しました

薄っすらと雪の積もった日曜日。
陶農館にて地元の陶芸家 かなくれ会 と富山の住まいを考える建築家AnTの共催シンポジウム「かなくれ食堂」が開催されました。
「地域のもつ魅力」と「場のちから」をテーマに、私たちは古い建物の再生や里山に移り住むことなどを話し、陶芸家の皆さんは日々の生活から地域の魅力などについて話していただきました。
話す内容などはその日になるまで分からなかったのに、終わってみれば一本の筋が通ったテーマで結ばれ、どうせなら行政の方にもっと、もっと聞いていただきたかったな。。。と欲の出るような内容でした。
私の話し手の一人として参加しましたが、無事、終えたことが何より。
またこういう機会があれば参加したいと思います。(A)

[北日本新聞の記事]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です