岸田木材のこと

近山で家をつくろうという活動に賛同して、
富山県産の木材にて住まいを建てています。
県産材であれば何でもよいというわけではなく、
材料の強さ、乾燥、色目など沢山のチェックポイントがあります。

現在工事中の雨端のある家では、氷見の木材を利用しています。
以前から、柱材は利用していたのですが、
今回すべての材料を氷見の里山杉にしています。
材料を出してくれるのは、氷見の岸田木材さん。
岸田さんは、全国的に珍しい「新月伐採」に取り組んでいます。
新月伐採の効果については、燃えにくい、腐りにくい、曲がりにくい
などといわれていますが、どこまで本当なのか?
まだ実感していませんが岸田さんはその効果を熱く語ります。

今回の構造材はすべてが新月伐採の木。
それが、ものすごく赤いのです。
ピンク色!奈良のピンクよりも赤い。
窓枠などは源平材(白い部分もある材)を使用するのですが、
色あわせが難しい。
時間がたてば、ピンクもなじんでくると思いますが、
氷見の里山杉の赤に驚きました。
完成したときのバランスがどうなるのか、とても楽しみです。(K)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です