引き渡しの日

出窓の家の引き渡しの日を迎えました。最初の出会いから考えると、本当に様々なことを住まい手さんとお話ししてきました。住まい経歴などを最初にお聞きするのですが、これまでに他のご家族よりもちょっと多めの住まいを経験されたようです。だからこそ、いろんな場面を経験した上の住まいとなっているはず。
設計者として、気づかされる事も多い住まいでした。これまでの気付きや苦労も「出窓からの景色」に癒される、そんな住まいが完成しました。

そしてもう一つ。私たちの手から離れていくものがありました。途中からガレージの屋根下で子育てを始めた燕の親子も旅立ちのようです。今日はオリンピック開幕の日。思い出深い日となりました。(K)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です