出窓の家

 

立山連峰とローカル線の電車が見える敷地に建つ住まいは、その景色を愛でるよう窓を配置しました。そのメインとなる居間に設けた窓は象徴的な出窓として計画していましたが、下部空間の使い方を考えるうちに、床部分も出る形に納まりました。
家族の個々の空間をやんわりと仕切るように、階段回りに段差を設けたり、居間の吹抜、小屋裏の収納などを配しています。居間に設けたワーキングスペースは周辺から一段下げ、周辺からの目線をカットすることにより、籠って集中できるような空間となっています。通常は奥さんの趣味室となって活躍する場となると思いますが、将来的にはベットを置くことで、ちょっとした寝室にすることもできるように計画しています。
住まいの空間を立体的に考えた段差を多く取り入れた計画は、室内を万遍なく使えることや個々の空間のつながりなどの特異性などの良い点、不都合になる点を住まい手と慎重に検討し、唯一無二の住まいとして暮らして頂けることでしょう。