e.co.ya

四阿(あずまや、東屋)の設計依頼を受けました。
ひとえに四阿といっても公園などで見かけるタイプではなく、
災害時を想定した太陽光パネルを載せたものです。
かたちや大きさなども私たちの提案部分。
シンボリックな形態なども検討しましたが、
最終的に決めたのはオーソドックスな切妻屋根の上屋です。
大きさは10㎡未満として、確認申請不要で増築できるようなもの。
屋外倉庫や防災小屋、停留所、あるいは一部屋の個室などに転用できるよう
壁の位置なども含めて構造を検討したプロトタイプとして作りました。
他にも施主の得意とする防腐剤の加圧処理を施した幅広板材の試作や
新しい塗料の試験なども含めて、いろいろな想いの詰まった建物になりました。
設置させてもらったのは保育園の園庭。
子供たちが活動の中で使ったり、迎えに来た家族と憩える場所として
利用できるようにベンチも付けました。
県産の杉が身近に感じてもらえるような建物として親しんでもらえたら嬉しいです。