五福の家

 

鉄骨造3階建ての住まいを改修しました。
もとの住まいは構造も断熱もしっかりしているので、
主として木質化を進める改修となりました。
一部の間取りを変更したり、キッチンを作り変えたり、
そして内装材に無垢材などの木質系素材を使うことで
改修前の無機質なイメージから一転し、
暖かい雰囲気の木のいえに生まれかわっています。
部屋ごとの機能に合わせて床材を張りわけられた空間は、
フロアごとに質の異なる温かい表情を見せています。
竣工後およそ1年を経過して撮影に訪れた住まいは、
写真からも伺える通りの節度のある生活感のなかで、
お子さんたちが伸び伸びと楽しそうに過ごされている姿が印象的でした。