雨端のある家

敷地から見える 田園広がる開放的でのどかな風景。
その反面、プライバシーの確保や強風への対策などを十分に考慮する必要がありました。そこで深い軒下を持ったかたちとすることで、外に対しての「間」(緩衝となる空間)をつくり、また 内部空間を外部に広げるための空間としての「雨端(アマハジ)」を提案しました。

アマハジは沖縄の民家にある大きな庇とその下の空間で、柱は自然木を使いますが、この住まいでは普通の製材、角柱が並ぶなど、沖縄の民家とは材料や使い方は異なるかもしれませんが、私たちは この空間を象徴する意味で「雨端のある家」と呼ぶことにしました。

住まい手にとって最小限の内部空間に対し、大きな半屋外空間はとても贅沢な場所です。雨端本来の「人が出入りする空間」としての機能に加え、家庭菜園など外部作業の休憩や子供たちの遊び場として、どんな発展や変化をしていくのか、とても興味深いです。