横法音寺の家

 

新築してから45年を経過した既存の住まい。 現在の基準から大きく離れた耐震性能と断熱性能。
個々に仕切られた空間を明るく開放的な作り変え、 あわせて耐震補強と温熱環境の向上を図ることが
この住まいに与えられた課題でした。 これらの課題を実現するために、既存の住まいの 一部を解体、
減築したうえで部分増築する複雑な取組となりました。
こうして生まれ変わった住まいは、わずかに残る未改修の空間とともに、新しい暮らしを安心で、
豊かなものにしてくれることでしょう。