弥生の家

 

まちなかに住まわれていた住まい手は、 郊外の新しい宅地に「終の棲家」を求められました。
周辺にどのような住まいが建つのか、どのようにしたらプライバシーを保ちながら、開放的に過ごせるのか。
住まい手とともに考え、一つのかたちが 完成しました。
このシンプルな空間が、住まい手によって、どのように飾られていくのか、とても楽しみです。