火のある暮らし

今月初旬に引っ越しを済まされた「ななめ壁の家」の住まい手さんが
素敵な写真(いわゆる「映え写真」)を送って下さいました。
キレイな火が見えるペレットストーブとペレットの保管と灰処理のためのバケツや小物たち。
どれも住まい手のこだわりが強く感じられる品々です。
ペレットストーブは山本製作所の「ほのか」でパネルカラーは「朱」を選ばれました。
直前まで別の色で内定していたのを悩みに悩んで急遽変更、
結果はご覧のような彩度が低めの朱色で、家の中の家具・備品にも同じような色があり
全体で品よくコーディネートされています。
そしてシルバーのバケツは渡辺金属工業の「オバケツ」。
こちらはストーブに設置に来られたストーブ屋さんに教えて頂いたもので、
その他の備品も合わせて揃えられました。
他にも照明器具や椅子の写真などを送って頂き、
いずれも豊かに楽しみながら暮らし始められた様子が伺えるものでした。
「相談」「設計」「現場監理」「引き渡し」と1年半の間、密に過ごしてきた住まい手ですが
引き渡しを境に連絡も少なくなります。
少し寂しく思っていたところに送って頂いた写真たちに、思わずこみ上げるものがあります。
プライベートタイムを削って頑張ってきたご褒美としては贅沢な想いです。(A)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です