窪本町のマンション

 

マンションの改修です。住まい手が購入されたマンションの居間部分には構造上の凹凸が多くデッドスペース的な空間がありました。この空間にあった家具をオーダーで製作することで、デッドスペースを消し去り、より使いやすく快適な住まいへと変えることに配慮し計画しました。また、隣接する和室に窓は無く、襖を閉めると暗く息苦しく感じられたので、襖を障子に換え、家具の横に引き込めるように改修することで明るく開放的な空間となっています 。この物件では改修の他にも、既成家具の選定など、いろいろお手伝いさせて頂きました。