「かなくれ食堂」OPEN!

1/4の北日本新聞に掲載されたこともあり、既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
2/3(日)に越中瀬戸焼の窯元の方々「かなくれ会」とAnTの合同シンポジウム「かなくれ食堂」を開催します。
今回は「かなくれ会」初の冬のイベント。
普段は出歩かないようなこの時期だからこそ、冬の暮らしについて大いに話し合いましょうという意図で企画されました。
当日は、越中瀬戸焼の器で食べる簡単な食事も用意されています。
参加ご希望の方は食事の実費分(1,500円)が必要となっています。
席数に限りがありますので、お早めに予約されることをお勧めします。
かなくれ会の前回のイベント(かなくれ茶会)では150名の定員が3日で埋まったそうです。

1/10 定員に達しました。現在キャンセル待ちになっています。
日  時:2013年2月3日(日)
参加費:1500円 定員70名
申込み:陶農館 TEL 076-462-3929 ※火曜定休
会  場:陶の里「陶農館」富山県中新川郡立山町瀬戸新31
12:00 立食によるレセプション
13:00 やきもの談議(かなくれ会)
釋永由紀夫、釋永陽、吉野香岳、加藤聡明、北村風巳
14:00 住まい談議(AnT五人、五人の討論会)
前半/谷重義行、青山善嗣、水野 敦、林 芳宏、熊谷 猛
後半/濱田 修、吉村寿博、水野行偉、横山天心、山田哲也
15:00 越中瀬戸焼の器で、温かいシチューを頂きます
その後参加者全員で冬の住まい・生活を語る討論会。
※マイスプーンを持参して下さい
会場構成協力:吉川和博/ウッドブロック
主催:越中瀬戸焼「かなくれ会」 AnT  共催:株式会社たてやま
協力:地域おこし協力隊  後援:立山町 北日本新聞社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です