山に富む県

大変時間がかかってしまいましたが、itona第4号が出ます!
毎回そうなのですが、各自好きなことを書くというすごい本です。
一応編集会議という名の食事会はするのですが、
その会議も特集の企画のリサーチ、検討をしながら、
さらにお酒も入りながら文章にまとめていくという編集長の腕前。
なんとなくのお題はでるのですが、
「そのお題もしくは自由」というおおらかな方向性。
まとまりのない本になりそうなところを、
またしてもうまくまとめるすごい人です。
今回、私は「ラウベ小矢部」について書いています。
田舎暮らしの宿泊体験施設を通して、
住まいのお手入れについてまとめました。

いとな女子も増えて、ますます読み応えのある1冊になっています。(K)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です