はんぶんカーポート

竣工後9年が経過した弥生の家。これまでに何度か木部の塗り替えメンテナンスを行って頂いていますが、
現在は写真のように彩度が落ち、味のある雰囲気となっています。竣工直後の美しさも良いですが、経年変化によって、より深みのある表情が魅力的で大好きです。さて、今年の初めは近年例にみないほどの大雪となり、駐車スペースとしていた場所に屋根をかけて欲しいとの依頼がありました。そこで既存の建物との調和がとれた屋根を考えましたが、ご覧の通り水平線が強調されて良い感じになりました。

そしてちょっと変わっているのは、写真でみられるように屋根が半分しかないことです。正確には2/3ほどに屋根があり、残り1/3はルーバー状の構造体だけ。全体を覆うと暗い影が落ちることや背面に設けた木製格子との調和をとるためですが、当初考えていた以上の効果がありました。この小さな屋根の下で、いろんな使い方が生まれていくことを期待しています。(A)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です