さんかくやねのいえ

 

新しく造られたやや小さめの住宅地。その中でどの宅地が良いのかアドバイスすることからスタートした住まいづくり。最終的に選んだのは隣地が林で少し変形した敷地でした。東面にあるまとまった緑地のお陰で、夏の暑い日差しは遮られ、南面の水田が気化熱を発生し、涼しい風を運んでくれます。そんな自然を取り込み、あたかも山荘に来たような住まい。そんな空間を再現しました。 書斎がロフトにあったり、クライミングできる壁があったり、住まいの中も個性と楽しさであふれています。