とやまの木で家づくり


今年も年度早々に「とやまの木で家づくり支援事業」の募集が始まりました。
一昨年に続き、案内フライヤーに私たちの設計した住まいを使って頂きました。
※2枚あるうちの上の写真(下は別の方の設計)
今回使っていただいたのは昨年竣工した「里山の家」の写真ですが、
こちらは構造材に婦負と氷見の木を、床板や造作家具には氷見の杉を使いました。
写真の上に文字が載って分かりづらいですが、
右手にある建具以外は全て富山県産の杉です。
最近はこちらのデザインでのフライヤー案内が続いていますが、
文字と写真が重なって見づらいので、魅力が伝わっているのか不安です。
そこで「ちゃんと見たい!」という方は、HPの里山の家でご覧下さい。
また施工時の写真は「現場から ~里山の家~」という記事で扱っています。
これを機に、木の住まいの良さを感じていただければ幸いです。(A)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です